転職した病院の問題点の確認・整理を

どんなに注意していても、ブラック病院へと入職してしまうことはあるでしょう。
確認が不十分であったり、職場を変えることを優先し焦ってしまったことで、ブラックな医療施設へと入ってしまうこともあるかもしれません。
医師としてのキャリアはその後も続いていくことになるので、大事なのは後悔よりも気持ちを切り替え、次の行動へと移ること。
そう認識しておきましょう。

もしブラック病院に入ってしまったら、その医療施設のどこに問題があるのかを確認し整理してください。
残業等が多く勤務体制を含む労働環境に問題があるのか、はたまた、その医療施設で働く人間関係に問題がありセクハラやパワハラ等が横行しているのか、もしくは、診療報酬を騙し取るような違法な行為を行っていたのかなど、ブラック病院であると判断した理由を明らかにしなければいけません。

これは、次の行動に大きく関わってくる作業です。
労働環境に問題があったとしても給与が高ければ我慢できるという医師もいるはず。
また、スキルアップのために移ってきたのであれば、多少の労働環境の悪さは受け入れられるとする医師もいるでしょう。
違法な行為に手を染めている医療機関であれば、当然、すぐに別の医療施設へと移る必要が出てきます。

適切に対処するためには、その医療施設の問題点を知らなければならず、まずは冷静になってその作業を行うことから始めなければいけません。

キャリアプランと照らし合わせて判断を

ブラック病院に入ってしまったら再び転職すればいい、そうアドバイスするのは簡単なことでしょう。
しかし、それではあまりにも無責任。
再び別の病院やクリニックへと移るのであれば、そのための活動を一から行わなければならず、時間や労力、場合によってはお金もそれだけ費やす必要が出てきます。
精神的にもダメージは小さくないはずです。

自らのキャリアプランを考えたとき、もしすぐにでも別の医療施設へ移った方が有益であると判断したであれば、すぐにそのための活動をリスタートさせてください。
我慢することでキャリアに良い影響を与える可能性があるなら、しばらく働いてみるという判断をすることもあるでしょう。
転職に失敗してしまったことに変わりはありませんが、「人間万事塞翁が馬」という言葉があるように、その失敗がキャリアにとっては好都合となるケースもあるかもしれません。

もしエージェントや人材紹介会社を通じてその医療施設へと移ったのであれば、一度コンサルタントに相談するようにしてください。
早まって辞めてしまう前に相談し、最適な対処を見出すべきです。
間違った決断をしてキャリアに開いた小さな穴をさらに大きくしてしまえば元も子もありません。
未来や将来も見据えた上で、丁寧な決断をするよう心がけましょう。